きみろーる更新情報:メタ認知を生かした自己成長プランの提案

Wordpressで運営中の「きみろーる」という比較的長文のメンタルハックブログの記事を完結にまとめました。

心理学検定についてまとめました。

学びは心を育て、心が育てば無意味な執着はなくなる。

人生を楽しみたいのなら、生涯かけて勉強を続けたほうがいい。

人の悩みは対人関係にしかないと心理学者のアドラーは言い切りました。

学びは悩み(問題)の解決につながります。

つまり心理学を学べば、問題解決力の基礎が身につくのです。

【まとめ】心理学検定2019年度を完全攻略〜内容解説+勉強法 - きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ

-------------------------- 

今年も心理学検定の季節がやってきました。

8月18日に開催される試験まで(本日5/15より)残り3カ月です。

心理学の知識を広範に渡って学べる心理学検定は、人生のあらゆる問題解決の場面で役立つ。

実際に出題された過去問が当記事で確認できるので、心理学検定の内容を体験できますよ。

 --------------------------

心理学検定はまずまず難しい問題が出題されます。

一方で公式から発売されているテキストは、初学者向けとは言えないほど難解な表現を使っている。

初めて心理学を学ぶ人にとって読み解くのは困難でしょう。

そこで知識が図解された「心理学ビジュアル百科」を最初に読めば、心理学の基礎力が就くのでおすすめ。

心理学ビジュアル百科を読んだら後は公式テキストに繰り返し取り組めば、大体100時間ほどの勉強で心理学検定1級を取得できると思います。

効率の良い勉強方法を紹介しているので、ご参考ください。

 --------------------------

どうせなら心理学検定の最高級を取得したいですよね!

心理学検定特一級の情報についても詳しく語っています。

僕自身が特一級を取得しているので、当記事は生の情報といえる。

この記事を読んで、心理学検定を完全攻略しちゃいましょう!

【まとめ】心理学検定2019年度を完全攻略〜内容解説+勉強法 - きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ

心理学検定の過去問でテストの模擬体験をしよう!

今の自分を変えたいけれど何をすれば良い?

心理学の勉強が一番オススメ。

心の働き・メカニズム・人間関係・教育・ビジネス・障がいなどについて、心理学検定なら体系的に学べるんです。

バランスのよい価値観の基礎が築けますよ。

こちらの記事で過去問を体験できます。

【例題あり】心理学検定問題集の過去問を紹介。テストの模擬体験 - きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ

--------------------------

実のところ心理学検定にはあまり過去問がないんです。

公式問題集には各冊50問ずつ用意されているものが流通しているものの全てでしょう。

さすがに最新版の問題は出せませんが、過去のテキストから少しずつテストを体験できるほどの問題をブログ記事にピックアップしました。

実際の試験の模擬テストとして活用できますよ。

--------------------------

もし心理学検定を学ぼうと決意したなら、公式テキストがないと話しになりません。

全て購入するとそれなりに高くなるので、少しでも節約するなら中古品の購入がおすすめ。

特に公式問題集の古いものは大幅に値下がりしている。しかも最新版と古いものの内容はほぼ同じ(2017年度まで確認済み)なんです。

最新版では過去問が流石にリニューアルされています。

しかし多くを占める通常の対策問題は、ほとんど変わっていません。

ご購入の際にご参考になればいいなと思います。

【例題あり】心理学検定問題集の過去問を紹介。テストの模擬体験 - きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ

思い込みミスの完全まとめ記事を更新!もう会社でうっかりミスをしない

仕事でうっかりやらかしてしまう…その原因の多くは思い込みから生まれます。

つらい思い込みミスを減らしたい。

そんな悩みを解消するノウハウのまとめ記事を作成しました。

5記事(約25000字)の要点を確認できます。時間があるときに興味を持てた記事をご覧くださいませ。

【まとめ完全版】仕事の思い込みミスを防ぐスマートな5アイデア - きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ

--------------------------

「当たり前だよ、気にしちゃ負け」と友だちを励ましたら、ムッとして「もういい」と言われてしまった。

友だちの気持ちに向き合わず、一般化した考えを借用し、理解したと思い込む。

つまり考えるのが面倒なのだ。それでも思い込みには気づかない。僕らはずっと勘違いを続ける。

考えるという活動は思ったより高度なんです。

だからつい少ない証拠で物事を決めつけてしまう。しかし仕事において、根拠のない思い込みは危険です。

思い込みが勘違いになり、勘違いはミスの原因になる。

--------------------------

集中力の違いによる、仕事のミスの確率
  1. 疲労困ぱい・睡眠不足では、10%
  2. 集中力が途切れてしまうと、1%
  3. 適度に集中を維持できると、0.0001%
  4. 体調管理をするだけで、ミスの確率は1/10に

適度な休憩を挟み、やる気と集中力を維持すれば、ほとんど失敗しなくなる。

以上はフェーズ理論という、人間の集中力の状態を表すスケールの一種です。3番目の一番集中しているフェーズ3の状態をキープするためには、

  • 体調管理(適度な睡眠・栄養・飲酒の習慣など)
  • 休息を取りながら働く(ウルトラディアン集中メソッドがおすすめ)
  • ToDoリストを作って仕事管理

この3つに気をつけたい。

--------------------------

5つのなぜ|実践例
  1. なぜツイートに誤字があったのか?
  2. なぜ最終確認で見逃したのか?
  3. なぜ音読をしなかったのか?
  4. なぜ黙読で十分だと思うのか?
  5. なぜエラー防止の考えがないのか?
  • エラーを前提にして行動する
  • ツイート10分前にリマインドする
  • 推敲時に音読をする

5つのなぜはトヨタのなぜなぜ分析を参考にした、問題の真因を探る方法です。

これをマスターすれば、ミスの事例を後から振り返り、再発防止策が作れます。

--------------------------

注意のオンオフは無意識下で行われる。

知らぬ間に陥った不注意状態が小さなエラーを繰り返す。

そのうち1つのエラーが危険因子と結びつけば、重大なミスにつながるのだ。

しかしなぜ油断するのだろう?

たとえ危険でも、繰り返し体験することで、人は安心だと錯覚してしまう。

自分の考えや行動を客観的に把握できていないと、短絡的思考による思い込みは起こりやすいです。

日頃から自分の様子や他者の行動に目を光らせて、仕事をするための情報を十分に把握し、落ち着いて行動したいものですね。

--------------------------

手順が分からない仕事は、質問で内容を詳しく聞きたい。

しかし質問しにくい相手っているものです。

そんな人から情報を引き出す質問術はこちら。

  • 相手を尊重する
  • 対話の理解に努める
  • 答えやすい質問を組み立てる
  • 聞く前に自分で考える
  • お互いのメリットを意識する

話しかけるとイラッとした反応を見せる人などには、なかなか話しかけづらい。

そんなときに役立つ心がまえが上の5つです。

質問が上手になればコミュニケーションが円滑になるんですね。

【まとめ完全版】仕事の思い込みミスを防ぐスマートな5アイデア - きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ

ブログの記事が100に到達しました!

ブログを初めた頃は、誰にも見せたくないほど完成度に自身がありませんでした。

しかし学びつづけ、自分の心を育てたら「表現が自分を磨くんだなぁ」と気づく。

その結果、表現を恐れる気持ちに負けなくなったんです。

とにかく勇気を持って行動することが大事なんですね。

 --------------------------

★元記事はこちら!★

何でブログを書くの?100記事を突破して感じた自己成長と未来

--------------------------

僕の将来の夢は、

誰もが問題解決志向を持つ社会を推進すること。

問題にぶつかったら解決する。そんな当たり前を基礎習慣にしたいんです。

例えば歯磨き指導のように、問題解決志向を育てる。

しかし現状は、指導者である大人も嫌なことを先延ばしにしちゃう。

よって大人の挑戦から応援したい。

--------------------------

「問題解決志向を広めたい」

夢をかなえるために、僕はブログをはじめました。

100記事までの短期目標は、サービスの開発です。

学びを表現する場所があれば、思想は洗練に向かう。

例えばTwitterで1時間かけ、140文字を練り上げてもいい。

表現を洗練する過程は、信念の核をたくましく育てます。

--------------------------

2年前に立ち上げた僕のブログ。しかしまともに書くことなく2度も休眠することになる。

休眠していたブログを再開したのは昨年の9月です。半年で100記事を達成しました。

表現力が未熟な僕は何度もあきらめそうになりましたが、皆さんの応援のおかげでやりきれました。

本当にありがとうございます!

--------------------------

実力の低いブログ初心者は、多様な検索ワードに取り組むことで、様々な知見を得られる。

得られた知見が相互作用を生み、考察力が増してきます。

しかしバラけたテーマではアクセスアップは難しいでしょう。

つまり実力が付いたら、ユーザーが益するようにカテゴリをまとめる作り方へシフトしたい。

--------------------------

 これからの自ブログ運営は、2つの軸に従って推進する。

・満足
・発見

カテゴリをまとめ、ユーザーの悩みに深く寄り添って満足を目指します。

もちろん個人的に得た新しい気づきをどんどん表現したい!自分の経験を発信し続け可能性を切り開いていく。

今後とも変わらぬ応援、楽しみにしています!

--------------------------

今回の文章は本ブログの記事を要約したものです。

こちらの記事はさらに詳しく解説しています。

何でブログを書くの?100記事を突破して感じた自己成長と未来

--------------------------

【メインブログ:きみろーるトップページ】

きみろーる|メタ認知を鍛え自己成長を目指すユニークな心理学ブログ

Twitter

やくしじ|メタ認知で自己成長サポート (@approx44) | Twitter

--------------------------

【無料カウンセリング受付中】

個人セッション申し込み

焦りを改善する4つの方法

僕は昔からテンパリやすい性格でした。

上司を乗せ社用車を運転したとき、慌てた僕は間違えて、右側を走行してしまった。

今となってはいい思い出です😅笑

--------------------------

【焦りを改善する4つの方法】

  • 有能さにこだわらない
  • 事前準備をする
  • 焦ったら深呼吸
  • 周りに協力してもらう

★元記事はこちら!★

--------------------------

自信がない人は焦りがちですよね。認めれようと必死だから。

そんな人は仕事へ誠実に取り組めばいい。

有能さをアピる人は、他者に圧力をかけるので嫌われてしまう。一方で誠実な仕事っぷりは高く評価したくなる。

認められれば自信が付く。

よって誠実であれば、自信がつくので、焦らないんです。

--------------------------

また不測の事態が起きると焦ります。

焦らないために、事前準備をしたい。

準備すれば余裕が生まれ、不測の事態が起きても対処できるんです。

【事前準備の例】

  • 時間の確保
  • イメトレ
  • 周りの様子を観察
  • 学びの習慣

トラブルは成長への踏み台です。乗り越えれば自信がつく。だから準備が大事。

--------------------------

深呼吸をすれば、焦る気持ちは治まります。

自律神経のバランスを整えるリラックス効果が、深呼吸のメリット。

へそのしたに意識を向け、息をゆっくりと絞り出す。反動に任せて鼻から息を吸い込み、またゆっくりと吐き出す。

吐く時間は吸う時間の3倍を心がける。

慌ててると気づいたら、深呼吸!

--------------------------

しかし焦りは自分で気づきにくいですよね。だから深呼吸で落ち着くなんてムリ…

だったら周りの人に「焦っている」って教えてもらえばいい。

自ら頼めば周りの人は注意しやすいし、注意されてもプライドが傷つかない。

仲間の意見を認めて深呼吸でリラックスすると、仕事がはかどり、信頼関係も築けます。

--------------------------

今回の文章は以下の記事を要約したものです。こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

--------------------------

【メインブログ:きみろーるトップページ】

Twitter

折れた倫理【小論】

僕が10年以上前に勤めていた販売店で、お客さんのことを”バカ”と呼ぶスタッフがいました。

セールスがうまく愛想もいい彼。昔は誠実に仕事をしていたな…

しかし彼の職業倫理は”慣れ”というモンスターに負け、曲がってしまう。

そして曲がった倫理は”省察”がないと元には戻らない。

--------------------------

コミュニケーションが求められる職種では、理不尽なクレームと常に隣り合わせです。

「説明した」

「いやされていない」

心をすり減らすクレーム対応…

しかしスタッフとお客さんが同じ価値観を求めることは、ありえない。

知識量・商談のゴール…視座により価値観は異なるのです。

--------------------------

  • 怠学
  • 親が悪い
  • 将来困るだけ

ある職員室の片隅で、曲がった倫理の軋む音が聞こえてくる…

プロの原則とは?

問題解決思考ではありませんか。

身勝手と断定したくなる問題行動。しかし子供が胸に秘めている思いとは何か。

問題解決思考はまさに、職業倫理により支えられます。

--------------------------

新入社員は一本の職業倫理という針金を受け取る。職業倫理は真っすぐでなくてはなりません。

しかし少々グニャグニャでも、真っすぐに見えたらそれでいい。

曲がったことに気づいたら、元に戻す。

慣れによる倫理の歪みを元に戻せるのは、自分に向き合い省察を続けるすべでしょう。